マンションを売る流れを時系列で解説

公開日:  最終更新日:2017/01/11

マンション売却の流れについて聞かれることが多いので、大まかな流れと、注意点などを交えて解説します。ある程度、流れを把握して売却を進めていく方が結果的に後悔せずに売却できます。

大まかに計画を立てる上でも役立つので、マンションを売りたい、これから売ろうと考えている人は不動産売買の流れを掴んでおくと活動しやすくなるでしょう。

売却の流れ

  • マンションを査定し、相場・価値を知る
  • マンションを売る際に仲介してもらう不動産会社を選ぶ
  • 不動産会社にマンション売却の仲介をお願いする
  • 売り出し開始価格を決める
  • 物件の売り出し開始
  • 内覧希望者が現れ所有マンションの中を案内する
  • 購入申込みがあり売却条件の交渉~マンション売買契約を締結して引渡し

マンションを査定し、相場・価値を知る

売却を開始する前に必要なのはマンションの売却相場・資産価値を調べることです。ほとんどの人がはじめての売却と思いますので、所有するマンションの相場・価値については調べておかないと、判断基準がなく売却額が高いのか低いのかわからないまま売却する事になり失敗につながります。

新築マンションを購入時には販売会社から資産価値について色々言われた方もいると思いますが、実際には利便性など条件が整わないと、資産価値が上がっていくのは難しいのが現実です。

ほとんどの場合、価値は下がっていきますので、資産価値があると思っていても想像よりも売却相場が低いこともよくある話です。そこで、まずは情報収集をして、相場・価値を調べて知識をつけてからが売却のはじまりです。

相場を調べるには、大手不動産ポータルサイトで売り出しているマンション価格を調べたりする方法もありますが、時間がかかるため、ネットで査定依頼が可能な無料のマンション一括査定をおすすめします!簡単に複数の会社から査定見積もりをもらえます。

無料の一括査定サイトで査定依頼し相場・価値を把握して基準を作る!

マンションを売る際に仲介してもらう不動産会社を選ぶ

相場を調べたら、次はマンションを売る為に仲介契約をする不動産会社を選びます。地元の不動産屋と契約するというのも方法の一つですが、1社だけに相談して決めるのはオススメできません。

不動産会社にはそれぞれ特徴があり、マンションが得意、一戸建てが得意、売却もやってるけど賃貸業務がメイン等、色々ですので、複数社に査定を依頼し、査定額を参考に会社を選ぶ事をオススメします。

査定依頼すればわかりますが、査定額はどの会社も違います。 一括査定を利用して複数業者の査定を集めてその中から決めるのが簡単ですが、もし、地元の不動産業者を直接選ぶ場合は、知り合いなど信用できる不動産屋であっても他の会社(3社以上)に査定依頼して、比較して選ぶようにしてください。

数社で比較した上で決めないと、数百万円カンタンに損してしまいます。

不動産会社にマンション売却の仲介をお願いする

不動産会社を選んだら、仲介を依頼する業者と媒介契約を締結する必要があります。契約形態は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と3種類あり、地域によっても異なりますが、専任媒介契約を結ぶ方が多いです。

それぞれ特徴があり、一般媒介契約は複数の業者と仲介契約を結べる為、業者が多い分、多くの購入希望者に不動産の情報を見てもらえる機会が増えるのでとても良いのですが、多くの業者が関わる為、よくポータルサイトで見かける同じマンションの情報がズラーと並んだりなど、売れていない印象を与える場合があります。

専任媒介契約・専属専任契約は、1社にのみ契約が可能で、一見、一般媒介契約の方が多くの業者と契約できて良いんじゃない?と思いますが、専任という事は、売却できれば必ず手数料がもらえるので、担当者も必死に売買契約できるように販促活動するので当然モチベーションは上がります。

反対に一般媒介は営業活動をしても他の業者に売られてしまったら手数料は貰えませんので物件に対するモチベーションは専任契約よりは下がる傾向があります。

どちらにするかは所有マンションによって判断が難しいのですが、売却経験者は一般媒介でも良いと思いますが、それほど知識がまだ無い方は専任媒介契約を結んで仲介をお願いした方が良いでしょう。

マンションの売り出し開始価格を決める

不動産会社と媒介契約が終わったら、売却を開始する価格を決めなければいけません。業者の意見も参考に売り出し価格を決めますが、この価格は売却戦略によって価格の決め方が変わってきます。

相場よりも高い金額で開始してみるのもありですし、売却の期間がそれほど無い場合は初めから、相場付近の価格にして早目に売るのを狙うのもありです。売主が自由に決める事ができますが、営業担当者と相談して決めた方が良いでしょう。

ただし、注意してほしいのは、地価が上昇中のエリアでないのなら、あまりにも相場とかけ離れた価格では余程の戦略が無い限り、売れる可能性は低いので情報収集した知識を元に売り出し価格を決めましょう。

マンションの売り出し開始

決定した価格での売り出しがはじまります。売り出しを開始すると、業者の営業活動の結果を待つ状態です。

不動産業者だけが閲覧できるレインズに登録し、不動産の流通を促したり、ポータルサイトに掲載、チラシ、自社サイトでの紹介など、販促活動によって、購入希望者からの反応を待ちます。

内覧の問い合わせを受け、マンションの中を案内する

売り出しを開始すると、ネットやチラシなどを見た方などから内覧希望の問い合わせがきます。実際に内覧して物件の判断をするので、清潔感があるマンションにしておく必要があります。

居住中の場合もあるでしょうが、なるべく物を減らし、スッキリ、キレイにしておいた方が良いでしょう。特に女性は水廻りをしっかりと確認するので特に念入りに掃除してキレイにしておく事が大事。

住んでいる方がどんな方か?も判断されますので、対応にも充分気を使い必要があります。対応が悪いとマンションの印象も悪くなりがちです。

購入申込みがあり売却条件の交渉

購入申込みがあり売却条件の交渉となります。ほとんどの場合、値下げ交渉が入りますので、価格の交渉と引渡しの条件の調整をして、売買契約の締結となります。

引渡しまでには、引越し関係、登記簿変更、抵当権抹消などの様々な手続きを済ませ、両者で問題なければ、鍵を引渡して売買完了です。

おおまかですが、売却の流れについて解説しました。準備に時間がかかったり、買主によっても時間がかかったり等、読めない部分が多々あります。

住み替え・買い替えなどローンが関係してきたりする場合も多いので、スケジュールをうまく組まないと、二重にローンを払ったり、仮住まいが必要な場合においても余計な費用がかかってしまいます。流れを把握して売却活動を進める事で先回りして考えておくと、スムーズに進みますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑