マンションを売ると決めてから不動産会社と契約するまでの流れ

公開日:  最終更新日:2017/01/11

マンションを売却しようと思ったとき、まず何から手をつければいいのか?初めての経験だけに、迷うのは当たり前です。ここで、とりあえず不動産屋に電話してみるかと、安易に自宅にチラシが入っている不動産屋さんに連絡するのは、ちょっと待って下さい。

あなたが確実にマンションを売却、しかも納得のいく値段で早く売りたいなら、行動を起こす前に情報収集しておく必要があります。

もちろん、素人ですから詳しいことまで知る必要はありません。わからないことはそれこそ不動産屋に聞けばいいのです。

ですが、最低限、マンション売却の流れを頭に入れ、どのタイミングでどのような判断、行動をするかを知っておかなければ、あなたが望む結果は得られない可能性が高いでしょう。

ただでさえ、中古マンション市場は厳しいのです。行き当たりばったりではなく、売却成功というゴールにたどり着くための地図を準備してから、スタートして下さい。

では、マンション売却の大まかな流れとは、どうなっているのでしょうか?

  • マンションを売りに出すまでの準備
  • マンション売り出し中の活動
  • 買主決定から引越しまでの手続き

およそこの3段階を踏むことになります。ここでは、まずステップ1:マンションを売りに出すまでの準備ですべきことを簡単にご説明していきましょう。

情報収集

売却を考えているマンションと同程度の物件がどれくらいの価格で売れているか、周辺地域の相場はどれくらいかなどをリサーチします。ただ、本当はわからない売却価格の『相場』不動産広告を参考にしてはいけない理由で詳しく解説していますが、これはあくまで参考程度にとどめて、あまりこだわりすぎないようにして下さい。

査定業者の選定

おおよその相場観を身につけ、マンションの売却価格があなたの希望価格に届きそうであれば、不動産屋にアプローチして査定をお願いしてもらいましょう。実際にマンション売却を依頼する不動産業者の候補選びをしていきます。

査定は、できれば複数の業者に依頼するのが理想です。ただし、『査定額』だけで依頼先を決めてはいけないにあるように、査定額の高い低いだけを不動産屋選定の基準としないことが大切です。

また、相場観を知るには簡便なインターネット一括査定を利用するのも良いですが、個々の物件の詳しい状況はやはり訪問査定でなければわかりません。

売却が決まったら、必ず訪問査定を受けてから、不動産業者を選ぶようにしましょう。ホームページを持つ業者なら、訪問査定の依頼を行う専用フォームやメールでの問い合わせ先が用意されているはずです。まず査定だけお願いしますという感じで、気軽に問い合わせてみて下さい。

面談・査定

希望の日時で不動産業者に訪問査定を行ってもらいます。このとき、周辺にあるマンションの売買状況や売却に向けてのアドバイスを聞くとともに、しっかりとあなたの売却の理由や希望を伝えるなどして、営業担当者とのコミュニケーションを心がけて下さい。

もしかしたら、その営業担当者とは、これから数ヶ月の付き合いになるかもしれません。そうした視点で話をすると、おのずと信頼のできる業者かどうか見えてくるでしょう。

媒介契約業者の決定

査定を依頼した業者の中から、信頼の置けると判断した業者を選んだら、媒介契約を結ぶことになります。媒介契約には一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約の3種類があり、どれかを選ぶことになります。

これで、マンションを売り出す準備は整いました。いよいよ、実践的な売却活動の開始です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑