マンション売却の基本は、謙虚に誠実に

公開日:  最終更新日:2017/01/11

マンション売却の基礎知識で中古マンション市場の実態とマンション売却の大まかな流れが頭に入ったら、いよいよ売却のための具体的な行動を始めます。実際に行動に移ると、あらゆる場面で決断を迫られ、迷ったり悩んだりすることが出てくるでしょう。

初めての体験ですので、それは当たり前のこと。ただ、知らないばかりでは済まされない、知っているのと知らないのとでは、結果に大きな差が出てくることもあります。

そこで、マンション売却を成功させるための絶対外せない注意点を3つ挙げておきましょう。

不動産会社の選定

不動産会社の選定を間違えなければ、マンション売却はもう半分成功したも同然と言ってよいでしょう。それほど、不動産会社を選ぶ際には、慎重に注意を払うべきです。

一口に不動産会社と言っても、その規模から扱う物件の種類、得意分野までさまざま。あなたが選ぶべきは、何を置いても中古マンション売却に強い不動産屋でなければなりません。

最も高い価格を見積もってくれたから規模が大きくて有名だからといって、簡単に不動産会社を決めるのはやめましょう。その会社のこれまでの販売実績や担当する営業マンの人柄など、見るべき点は他にあります。

マンションを売却したいのに、いつまでも売れないと後で困らないように、最初の判断を間違えないことです。

売却価格にこだわりすぎない

さまざまに比較検討し、これだ!と思って購入したマンション。事情があって売却しなければならなくても、やはり愛着や思い入れがあるのが人情です。どうしても贔屓目になって、売出価格を相場より高めに設定しがちになるのは注意したいところ。

また、購入当時の価格と比較し、査定額を聞いてもまさかそんなに下がっているはずはないと強気になり、売出価格を高めに設定してしまう売主さんも少なくありません。でも、ここは冷静に、客観的に物件を見る目を持って下さい。

数年前は○○円で売れたお隣の売却価格はもっと高かったなど、過去の事例や周りから聞いた話に振り回されては、売れるものも売れなくなってしまいます。相場は時々刻々と変化しますし、売主側の事情によっても売却額は変わります。

急がずに希望の値段で購入してくれる買主が現れるまで待てたから、高く売ることができたのかもしれません。

あらかじめ心構えとして、そんなに高く売れないと思っておき、その上で不動産屋の査定額や、自分なりに集めた情報を元に売出価格を設定するようにしましょう。査定額が高い業者が必ずしも良い業者とは限らないのも注意すべき点です。

査定の際にマンションの不具合や問題点を隠さない

マンション売却でもっとも大切な注意点は、売却するマンションの問題点や不具合を包み隠さず伝えることです。査定額を少しでも上げようと、言いたくないことを隠していては、後でとんでもないトラブルの火種となりかねません。

マンションの購入者は、売主を信頼して購入を決め、代金を支払うのです。売主も誠実に対応するのは当然と言えます。また、たとえ隠したとしても、不動産会社のプロの目で見ればすぐにわかることが、ほとんどです。そのような態度の売主と、果たして媒介契約を結びたいと思うでしょうか?

とはいえ、正直に伝えたところで、後から気づかなかった不具合が見つかるケースもなくはありません。売り渡した後、すぐに設備が壊れてしまうこともあり得ます。そのため売買契約の際には、後から見つかった問題点の対処方法も取り決めしておくのが一般的です。

長い間使用していなかったもの、長年使用しているものなどは、買主に渡す付帯設備表に書き込む段階で、壊れる可能性があって責任が持てない旨を一言添えておくことも必要です。

万が一、売主として居住中に気づいてることを隠していると、不正な隠蔽として、売却後に賠償問題に発展することも考えられます。そうなっては、あなた自身も大変ですし、不動産会社にも多大な迷惑がかかります。

中古マンションですから、ある程度の傷や汚れ、不具合はあって当たり前。 居住中に補修した部分や修理した箇所もあるかもしれません。どんな細かい点でも、気になることは先に伝えておくことで、信頼できる売主と思われ、後々のトラブルを防げるのです。

以上3つの注意点を頭に入れて、マンション売却に臨んで下さい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑