マンションを引き渡すときに行うハウスクリーニングはどれくらい頑張るべき?

公開日:  最終更新日:2017/01/11

家を売る際に行なうハウスクリーニングはいったいどこまで行なったらよいのでしょうか?

ハウスクリーニング

一般的に現状引き渡しの場合はハウスクリーニングを業者に頼む必要はなく、一通りの掃除を自分の手で行なうことで大丈夫だと言われています。

しかし、やはり少しでも家を綺麗にして、高い買取価格を付けてもらいたいものです。そのためには一通りの掃除に加えて細かいところも掃除をしておくとよいでしょう。

また、頑固でどうしても自分で落とすことのできない汚れや臭いについてはハウスクリーニング業者を利用する事も一つの手段です。

家の査定の際によく見られるポイントとしては、まず水回りを中心としたキッチンや浴室、トイレなど、居住スペースを中心としたリビングや寝室、外に面した玄関やベランダなど、実に多くの箇所が見られます。

そのどれもが重要なポイントとなってくるため、綺麗にしておくことが重要です。

水回り

水回りに関しては水垢汚れや皮脂汚れが付着していると印象も悪くなりますし、臭いにも気をつけなければなりません。カビや鏡のくすみも綺麗に取り除く事でよい印象を与えることが出来ます。

リビングや寝室

リビングや寝室に関しては毎日の掃除はもちろんですが、荷物を出来るだけ減らし、生理整頓を行なっておくことで、広い空間をアピールできるため、査定価格が高くなりやすいです。

窓やベランダ

外に面した場所である窓やベランダに関しては土埃や汚れを綺麗に落とし、はき掃除や拭き掃除を行ない、明るく綺麗な空間にすると良いです。また、マンションなら別ですが、一戸建ての場合は外壁の綺麗さも見られることがあり、ひび割れやコケ、カビなどがあると大幅に印象を悪くしてしまう事もあるため注意しましょう。

日常的に掃除をしている方であれば部屋や水回りの汚れはあまり目立たないですが、年末やお盆などの長期休暇にしかまとまった掃除ができないといった方はハウスクリーニング業者に依頼する事も考えておきましょう。

特に水回りに関してはかなり注目されるポイントになりますので、ハウスクリーニング業者に依頼して徹底的に綺麗にしておくという事も一つの手段です。ハウスクリーニングの相場などは地域や企業によって異なるために、事前に複数の業者に確認を取って最も合うところを利用しましょう。

家の掃除に時間が割ける方は自分で掃除を行なってもらった方が良いのですが、時間がなかったり、手間がわずらわしかったりする方はクリーニング業者に依頼する事で簡単に綺麗にすることが出来るため、生活のリズムに合わせて賢く利用するとよいでしょう。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑