水回りの清掃は、買主の満足度に大きく関わるので入念に

公開日:  最終更新日:2017/01/11

水回りは日常的に使用するため、水垢汚れや皮脂汚れなど、汚れの溜まりやすい場所です。さらに水回りの汚れは頑固でなかなか取り除けないため、日常的な掃除から年末の大掃除のときに苦労する方も多いのではないでしょうか。

そんな水回りの頑固な汚れに最適なクリーニング方法を調べてみました。これを活用すればどんな汚れもピカピカになるはずです。

水道・洗面所の清掃

まずは水道や洗面所の水垢汚れです。ただスポンジや洗剤でこすっただけではなかなか落ちてくれない水垢汚れですが、メラミンスポンジを使用する事で水垢を面白いように落としてくれます。

またメラミンスポンジはステンレス製品の汚れや茶渋などにも効果を発揮してくれる製品です。洗剤を使わなくても綺麗にできるため、洗剤をあまり使いたくない場所でも使用する事もできます。

重曹

メラミンスポンジが無い方は重曹を使うことでも綺麗にすることが可能です。重曹はベーキングパウダーにも含まれている食品を膨らませる事が出来る粉末で、家の多くの汚れに活躍すること間違いないでしょう。

洗面所を軽く水洗いした後に重曹を撒き、少し放置した後にスポンジでこするとみるみるうちに綺麗になっていきます。スポンジが使えないところには使い終わった歯ブラシなどを用いると良いでしょう。

クエン酸

鏡などの水垢汚れにはクエン酸が効果的だと言われています。クエン酸を水に溶かして鏡にスプレーし、ティッシュやラップなどでその状態を保持しておくことで水垢を弱らせ、簡単に落ちるようにしてくれます。

このメラミンスポンジと重曹、クエン酸を用いる事で家の中の汚れはほとんど落とすことが出来ます。

トイレ清掃

トイレの掃除を行ないましょう。こちらは蓋の汚れから便器の汚れといった異なる種類の材質の汚れに対応する必要があります。トイレの蓋や周辺の汚れには重曹を溶かした水を吹きかけで拭く事で汚れをキレイにすることが可能です。

また便器の内側には重曹やクエン酸を使うことで頑固な汚れも綺麗にすることが出来ますが、重曹とクエン酸が反応するため、換気は充分に行なってください。

お風呂場清掃

お風呂場の汚れですが、浴槽には専用の洗剤やスポンジもありますが、こちらでもクエン酸や重曹を使って綺麗にすることが出来ます。

使い方はシンクの要領と同じで、軽く水洗いした後に重曹をふりまき、メラミンスポンジでこすると水垢や皮脂汚れをキレイにすることが可能です。また重曹には殺菌効果と脱臭効果もあるため、排水溝の気になる臭いも取り去ってくれます。

このように身体に優しいものを使って身の回りを綺麗にする事で安心、安全に掃除を行なうことができ、スッキリとした気持ちで毎日を送ることができます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑